わたしたちの西富士中学校は富士山の真西に位置し、南には遠く波穏やかな駿河湾、伊豆半島を眺望でき、西はるかに南アルプス連峰が見える、緑豊かな間遠(まとお)の丘にあります。
 本校の学区は、富士宮市の北西部にあたり、山梨県と境する標高450m~800mの富士山西麓の傾斜地に広がる、上井出、白糸、人穴地区を包含する農村地域です。
また、大自然の風光に恵まれた当学区は東名、中央、富士山周遊道路を結ぶ富士五湖観光ル-トの要地に当り、富士山世界遺産の構成資産である白糸の滝や人穴富士講遺跡、田貫湖、天子岳等の観光開発が進み、源頼朝、曽我兄弟にまつわる史跡、朝霧高原等も観光資源として脚光を浴びています。
更に、県立朝霧野外活動センタ-等の教育関連機関並びに、フジヤマ病院、老人ホ-ム等の福祉施設、白糸の滝、音止の滝、狩宿駒止の桜、ゴルフ場、まかいの牧場、ミルクランド、別荘地等々レジャ-産業の振興も目立ち、加えて最近のリゾ-ト指定地域と相まって都市周辺地域としての開発が日毎に進んでいます。

新着
 1月16日(土)の午前中に「間遠学習発表会」、午後には北部6校による「富士山麓サミット」が行われました。間遠学習発表会では、12月に卒業発表を行った3年生が進行役となり、1・2年生が、これまで自分の課題について追及してきたことをそれぞれ発表しました。今年度初めての参観授業でしたが、お見えになった保護者の皆さまからは、「みんなそれぞれいろいろなテーマで調べていて発表していたので、飽きずに楽しんで最後まで聴くことができました。自分のテーマに合わせてインターネットを使ったり、話を聞きに行ったりと調べ方もいろいろで、これからどのようにより深く発展させていくかがとても楽しみです。このように長期間同じテーマを深く調べていくというのは、子供たちにとってとても良い経験になると思います。」(1年生保護者)「皆大きい声で発表できていて良かったと思います。課題も同じ題材でも違った角度から考えていて興味深かったです。身近な地域を知ることは、問題や課題に気付くためにも、また、自分の地域に愛着を持つためにもいいことだと思いました。継続してより深く追求していくことで、新しい発表を聞くのも楽しみです。」(2年生保護者)...
 9日間の冬休みが終わり、1月5日(火)に3学期の始業式が行われました。今回は、新型コロナウイルス感染防止対策として、zoomを使ったリモート始業式でした。生徒たちは、教室のテレビで、代表者の新年の決意や校長先生の話をしっかりと聞きました。      
ブログ
01/15
パブリック
 12月25日(金)に、2学期終業式が行われました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月、5月が休校になったこともあり、夏休み、冬休みを短縮したため長い2学期でした。その間、感染対策をしっかりとしたこともあり、感染者が出ず、順調に教育活動を行うことができました。これも保護者の皆さまのおかげでです。ありがとうございました。   
ブログ
01/15
パブリック
 12月25日(金)に、上井出・白糸両地区の駐在さんと、交通安全指導員の方々をお招きして、これから迎える冬休みを安全に過ごせるようにと、「交通安全教室」を実施しました。交通事故や犯罪に巻き込まれることのないように、どの生徒もしっかりと話を聞くことができました。   
ブログ
01/15
パブリック
 12月11日(金)に、NTTドコモの方を講師としてお招きして、「情報教育講座」を行いました。これは、生徒たちに、情報モラルを身に付けさせたいと、PTAの総務委員会の行事として企画していただいたものでです。動画等を見ながら、スマホやインターネットのトラブル等を分かりやすく教えていただきました。   
 上井出区から西富士中の教育活動のために5万円をいただきました。その寄付金で、環境整備用のブロアーを購入させていただきました。今の時期、なかなか手が回らず、校内のあちらこちらに枯れ葉がいっぱいでしたが、そのブロアーを使うことで一気に片付けることができました。ありがとうございました。   
ブログ
2020/12/04
パブリック
 12月3日(木)に、西富士中学校体育館で、「こころざし集会」が行われました。井之頭中学校と合同で行うようになって、今年で3年目です。両校の生徒全員が「こんな人になりたい」「こんな人生を歩みたい」という作文を書き、それぞれのクラスで発表会を開いて、代表者を決め、今日は、その代表者の発表を全員で聞きました。  両校の代表者は、自分たちの思いを、一生懸命みんなに伝え、聞いていた人たちからは、たくさんの感想が出されました。  これからも両校の交流を続けていきたいと思います。         
 12月4日に、3年生の間等学習発表会が行われました。今年に入ってから、コロナウイルス感染防止のため、校外学習が行えず、思うような追究ができずに苦労しました。しかし、そんな中でも、課題を追究してきた過程や、本やインターネットを使って分かったことなどを、1・2年生や保護者の方に分かりやすく発信することができました。