学校の様子

2018年

令和元年度3年生修学旅行

修学旅行1日目

朝5時15分に学校へ集合し出発式を行いました。新富士駅から新幹線で京都へ向かいました。京都からはバスで奈良へ向かい、法隆寺→薬師寺→興福寺→東大寺→奈良公園周辺班別研修といった行程でした。歴史ある建造物や造形物を興味深く、真剣な表情で見学する様子が印象的でした。

 

 

修学旅行2日目

朝から着物に着替えてクラス別研修を行いました。着物での活動ということで外国人観光客から「写真を撮らせて」「一緒に撮ってください」と頼まれることも多々あり、多くの生徒が外国人観光客の方とのコミュニケーションを楽しんでいました。着物から着替えて行った妙心寺での座禅体験ではほとんどの生徒が自ら警策を体験し、貴重な15分となりました。5組は校長先生も一緒にジャンボタクシーで京都を観光しました。妙心寺と天龍寺の龍比べや、オリジナル扇子作りを体験し、夕食はバイキング料理を楽しみました。夜、旅館に帰ってからの古都のつどいでは、実行委員が中心となり修学旅行にちなんだクイズ大会が実施され、全員で盛り上がりました。

  

 

修学旅行3日目

班別のタクシー研修を行いました。日曜日ということもあり観光客が多く、予定していた行程通りにはいかない班も多くありましたが、タクシーの運転手さんが機転を利かせてくださり、生徒たちも満足のいく研修となりました。自分たちが事前に立てた計画に基づいて、実物を観ることができ、事前学習では分からなかった多くの気付きがありました。5組は清水寺に行きました。お胎内めぐりもし、貴重な体験となりました。ジャンボタクシーの運転手さんが2日目も同じ方だったため仲良くなり、「京都の見所」をたくさん教えていただきました。

 

 

3日間を通してスローガン『Find』を大切に過ごす姿が多く見られ、目標を達成できた修学旅行となりました。

令和元年度2年生自然教室

自然教室1日目
学校で出発式を行いました。バスで移動し、ハイキングでは民宿村→三湖台→五湖台→湖畔キャンプ場と約4時間ほど歩きました。湖畔キャンプ場ではカレーづくりやキャンプファイヤーといった自然の中でしか味わえない経験をしました。学年全員で楽しく過ごす様子がよく見られました。
  
 
 自然教室2日目
朝はラジオ体操から始まります。朝食ではホットドッグをつくりました。朝食後は西湖の周りを1周するウォークラリーを行いました。班員で協力して問題に取り組んでいました。夕食はバーベキューでした。1日目と比べて、火のおこし方も上達し、時間に余裕をもって、食事を楽しむ時間となりました。夜はレク係が事前に計画していたレクリエーション活動を行いました。特に学級対抗の場面は大いに盛り上がりました。
  
 
自然教室3日目
地域の方の協力の下、ほうとうづくりを行いました。麺からつくる作業は新鮮で担当の生徒は一生懸命こねたり伸ばしたりしていました。3日目は野菜の下ごしらえや火のおこし方など、どの班も更に効率よく調理に取り組んでいました。


 

三日間を通して、ひとりひとりが自分の役割だけでなく、仲間を大切にしたり、普段の生活のありがたさに気づいたりするなど、自分自身を磨く自然教室となりました。

令和元年度1年生宿泊研修

宿泊研修1日目
学校に集合して結団式を行いました。午前中の宮踊りの練習では、講師の佐野禎子先生にご指導をしていただくことができました。生徒たちは、大きなかけ声を出しながら一生懸命練習に取り組みました。午後には福祉体験としてブラインドウォークを行いました。仲間を尊重する心を育てることができました。

 


宿泊研修2日目
出発式を学校で行い、バスで朝霧高原に向かいました。豊かな自然に触れ合いながら班ごとにハイキングを楽しみました。猪之頭公園で昼食を食べ、帰りは険しい道を通りました。生徒同士でスピードを調整したり、手を取って助け合ったりする姿を見ることができました。

 


宿泊研修3日目
学校に集合して午前中はモンタージュの作成と長縄大会を行いました。モンタージュの作成では、班でアイデアを出し合いながら2日目に朝霧高原で拾った木の枝や葉っぱ、花などで作品を作りました。長縄大会では、各クラスでたくさん飛べるように試行錯誤する姿がありました。午後には、学年全員で鬼ごっこを全力で楽しむことができました。 

  


 スローガン『絆~Kで深まる友情~』のとおり、生徒たちの絆が深まっていく3日間となりました。

生徒会主催の防災訓練

2月6日(火) 16時20分~

 生徒会主催の防災訓練を実施しました。今回の防災訓練は、部活動の時間に大きな地震が起こり、教職員が何らかの原因で対応できない状況を想定しました。

 本日の避難訓練は部長のみ知らされており、地震発生の緊急放送が流れると、驚いたり不安な表情を浮かべたりしている生徒がいました。また、部活動中の訓練であったため、グランドや体育館の中でどんな対応をしたらよいのか迷っている様子もありました。

 部長の指示に従ってグランドに避難したときは、さすが二中生!落ち着いてすぐに静かに整列していました。「自分の命は自分で守る」ことができる生徒として、また一つ成長できました。

教育の日

「教育の日」の様子を紹介します。

【1年生】ドリームマップ作りを行っています。まず自分の将来を思い描き、「夢」を実現するための手だてについて考えます。次に、絵や写真を画用紙に張り付け、「ドリームマップ」を作ります。午後は、その「ドリームマップ」を発表します。どんな「ドリームマップ」が出来上がるか楽しみです。

【2年生】高校生や大学生の二中卒業生から、「進学するための準備はどうすべきか、進路を決定するために、今、すべきことは何なのか。」について教えていただきます。大先輩の講話とあって、2年生はいつもより緊張気味でした。

【3年生】全体会では、「社会人になるにあたり、どんな成長をしたらよいのか、どんな資質が必要なのか」について、地域でご活躍の社会人の方々から講話していただきました。この後は、面接練習を行う中でその資質が身につけれるよう、社会人の方々よりご指導いただきます。

【56組】マイカレンダーの発表を終え、思春期に必要な「命や性の大切さ」について講話を聴きます。講師には東京福祉大学の方にお越しいただいています。

 

情報モラル講演会

12月11日(火)5時間目に、富士宮市教育委員会社会教育課より赤池様を講師にお招きして、体育館にて情報モラル講演会を開催しました。

「道具を安全に使うには、ルールが必要であり、同様に携帯電話も安全に使うためのルールが必要であること。」「携帯電話を間違って利用した生徒が陥ったトラブル事例」等についてお話ししていただき、生徒一人ひとりが、携帯電話を安全に使うためのルールを考えました。

生徒の考えたルールの一例を紹介します。

①使ってよい時間 「21時まで」、「2時間ぐらい」、「勉強が終わってから」、「食事以外の時間」 等

②使ってよい場所 「リビング」、「家の中」、「Wi-Fi環境のあるところ」、「親がいる場所」 等

③メールやSNSの使い方 「写真は送らない」、「個人情報は送らない」、「知らない人と連絡を取らない」、「人は傷つけない」

④ルールが守られなかったとき

「親が預かる」「社会人になるまで使用禁止」「通信料を支払う」

保護者のコメントを掲載します。

「自分で決めたルールは守ってほしい。」「食事をする時に使わないのは当たり前。」「便利だけど正しく使ってほしい。」「持たせていないが、スマホに対する考えがわかってよかった。」

 

子どもに包丁を使わせるとき、安全な使い方はしっかり教え、危険がないか様子を見ます。携帯電話も同じです。

子どもがトラブルに巻き込まれず、トラブルを起こさないためにも、携帯電話を安全に利用できる会話を親子でしっかりしましょう。

 

地域防災訓練に参加しました

 12月2日(日)の地域防災訓練には、多くの二中生が参加しました。

各地区で「三角巾を使った応急処置」「消火器を使った消火訓練」「可搬式ポンプを使った消火訓練」「炊き出し」など様々な訓練が実施されており、中学生も役割を任されていました。

災害時に中学生の活躍を期待している地域の声にこたえられるよう、「地域住民の一員である」いう意識を大切に、今後も二中生の活躍を期待したいと思います。