開校67年目となる本校は、富士宮市街の北部近郊に位置しています。この地はかつて水利が悪く、新田開発も大変な土地でしたが、水道が引かれてからは住宅地が増え、人口も増加しました。中学校も開校され、現在は一小一中の学区となっており、「大富士小中の連携・接続」を強く意識した学校経営がなされています。
 子どもたちは朝運動に積極的に取り組み、各種記録の向上や学校の活気の源になっています。また学校のリーダーである6年生のボランティア活動も活発に行われ、全校児童のよき手本となっています。

新着