新着
9月10日に、5,6年生がそれぞれの教室で人穴小とのリモート交流を行いました。 5年生は、「制服は賛成か、反対か」について、ディベートを行いました。 事前に賛成派、反対派に分かれて、自分の立場で意見を述べ合いました。 友達の考えを聞いて、新たな考えを持つ子がたくさん見られました。 6年生は、グループごとにわかれて、自己紹介をしました。 その後、「もっと聞きたい」と思ったことを質問し合いました。 お互いのことを知ることができて、仲が深まったようでした。 どの学年も、リモート授業を積極的に実践しています。      
9月3日に、2年生が人穴小の1,2年生とリモート交流授業を行いました。 始めに、一人一人が自己紹介を行い、その後、夏休みの思い出を発表しました。 発表が終わるごとに、質問をし合いました。 10分間の休憩時間には、画面に向かって手を振ったり、話しかけたりしていて、とても楽しそうでした。 発表後は、振り返りカードに記入し、互いに感想を伝え合いました。 図書館見学にも一緒に行く予定です。
9月2日に、1年生が、井之頭小の1年生とリモート交流授業を行いました。 今回は3グループに分かれて実施しました。 お互いに、夏休みの出来事を、絵や物を見せながら発表しました。 時間が余ったグループは、じゃんけんやしりとりを楽しんだり、質問をし合ったりして、交流を深めました。 これからも交流を重ねて、友情を深めていきます。    
8月31日に、安全な遊具の使い方について、全校でリモート集会を行いました。 遊具を安全に使うにはどうしたよいか、養護教諭から問いかけ、その後、各学年で話合いをしました。 休み時間に楽しく使っている遊具ですが、使い方次第で大きなけがにつながることあります。 そこで、どんなときに事故が起こるか予測したり、けがの原因を考えたりしました。 各学年で話し合ったことは、この後、保健委員会、体育委員会でルールを作成し、代表委員会で提案して決めていきます。 コロナウイルスからも身を守る工夫が必要ですが、事故やけがからも自分たちの身を守れるようになってほしいと思います。
ブログ
08/30
パブリック
8月26日に、2学期の始業式を行いました。 年度当初の計画では、体育館で、一人一人の間隔を空けて実施する予定でしたが、全国で感染が広がっていることから、リモートでの実施に変更しました。 校長先生の話、各学年の代表の言葉は、校長室からの発信。 生活目標については、4年生教室からの発信。 感染予防の生活の仕方については、人数が少なくなった校長室で養護教諭から発信しました。 その後、早速各学級では、パソコンを使ったリモート授業がすぐにできるように試験を行っていました。 いざという時でも、子供たちの学びを保障するために、準備を進めていきます。 また、1学期以上の感染症対策に努めて参ります。