ブログ

2019年度

6年生を送る会

2月27日(木)

 6年生を送る会を実施しました。1~5年生が6年生と一緒になってゲームをしたり、手作りプレゼント贈ったりして、6年生に感謝の気持ちを伝えました。また、6年生は「私たちの学校をいつまでもきれいにして」という思いとともに、下級生に雑巾を贈りました。「人、物、こと」に感謝する心が育っています。

スクールカウンセラーの先生と会食

2月18日(火)

 スクールカウンセラーの近藤修一先生にお願いして、子供たちと一緒に給食を食べながらお話をしていただいています。本日は1年生との会食でした。相談業務だけでなく、スクールカウンセラーの立場で子供に寄り添い、子供の豊かな育ちをサポートしていただいています。このように、スクールカウンセラーなどの学校関係者と連携を図りながら、個に寄り添ったきめ細やかな教育の充実を目指しています。

 なお、スクールカウンセラーには、保護者の皆さんの子育て相談にも対応していただけます。ご希望の方は、お気軽に学校までお知らせください。

学校評議員会

2月17日(月)

 第2回 小・中合同学校評議員会を中学校を会場に開催しました。学校評議員の皆様からは、「富士山麓サミットは、郷土愛にもつながる学びを共有できてとても良かった。」「小・中9年間を見据えた小中接続プランに基づく教育は価値がある。」などの評価をいただきました。また、「少人数だからこそ、子供の居場所づくりを大切にしてほしい。」「個人のもっている資質・能力を生かし伸ばすた教育を一層充実させてほしい。」などの学校経営についての貴重なご意見もいただきました。いただいたご意見・ご要望は、来年度の教育計画に生かしていきます。

中学校ビブリオバトル参観

2月17日(月)

 3~6年生は、井之頭中学校のビブリオバトルを参観しました。本年度2回目の参観となります。中学生の発表に対して、積極的に質問したり、感想を述べたりすることができました。中学校と連携しながら、協働して課題解決する力や創出的なコミュニケーション力を身に付けていきます。

 

Wクリーン作戦

2月13日(木) 全校児童が学校周辺の清掃活動に取り組みました。5年生中心の児童会になって、はじめてのWクリーン作成でした。地域を大切にする態度やよりよい地域づくりへの参画意欲が受け継がれています。

 

 

なわとび大会

2月12日(水)

 保護者や保育園の子供たちの応援を受け、全校児童が「なわとびキング」と自己記録の更新を目指して、なわとび記録大会に挑みました。冬休み前から練習してきた成果をどの子も発揮しようと、種目跳び・持久跳び、そして長なわ跳びにと全力で頑張っていました。

 大会後、校長からは「粘り強く、(うまくできたこと、できなかったこと)考えながら、がんばることで、ぐんぐん成長していく」という話がありました。このような活動を通して、上級生のグットモデルを間近に見ながら、努力の有効性を知り、粘り強く取り組もうとする力を養っていきます。

 

授業参観(2・3年)

2月12日(水)

 2・3年の授業参観では、養護教諭をゲストティーチャーに「多様性をの理解」について学級活動を行いました。子供たちは「自分らしさとは何だろう?」というテーマで話し合い、人にはそれぞれ「自分らしさ」があり、それを互いに認め合うことがとても大切であることを学びました。

母子草の会

2月12日(水)

 ボランティアのお母さん方による「読み聞かせの会」を行いました。保護者の皆様の協力を得て、多様な本と出会い、読書活動の充実を図っていきます。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 

体験入学

2月5日(水)

 来年度入学予定の10名の子供たちが体験入学にやってきました。1年生たちは、はりきって小学校での生活の様子を説明したり、新一年生の手を引いて校内を案内したりしました。相手を思いやる優しい心が育っています。   

 また、保育園等と連携して、円滑な接続ができるようにしていきます。

スケート教室

2月4日(火)

 静岡県スケート連盟の方を講師に招き、スケート教室を開催しました。どの子も一生懸命に取り組み、たった2時間でしたが、かなり上達しました。努力の有効性を知り、粘り強く取り組む力が育っています。