1 校章制定の由来

 本上井出小学校は,本校を上井出区峰山におき,猪之頭・人穴・根原・麓の4地区に各分教場をもつ学校で,各分教場間の距離も遠く,第5支部(白糸・上野・柚野・北山・上井出)合同の少年団年会,合同体育会等,集合の際など同じ学校内児童であっても,他校児童のように感ぜられ,親しみがない。児童の帽章も同じ村内にある同じ学校でありながら本校をはじめとして,各分教場まちまちのものを帽子につけている状態で統一がなく,児童自身も他校に対して,引け目を感じ学業に運動になすことすべてに生気がない。
 以上のような状態をいかにして打開すべきかを討議の結果,まず校章を制定することにした。

2 校章制定年  昭和4年

3 校章の形

   中央に富士山を配し,校名「上井出」の文字を入れ,これを強く逞しい若わしの羽でおおっている形を表す。

4 校章の意味

   ここに学ぶ子らが,富士山のごとく大地にどっかと足をふまえて,四海を見おろす風格をそなえ,若わしのように炯眼俊敏さをもち大志を抱いて大空をはばたいていくがごとく育つことを表している。

新着
 9月24日(木)の1時間目には、全校表現練習「ソーラン節」&「ダンス」の通し練習までをやりました。  まずは、ソーラン節を踊って完成状態を確認しました。そして、ダンス「紅蓮華:鬼滅の刃」を踊りました。心配した1年生も頑張って練習したようで、リズムに乗っていい動きをしていました(かわいいですよ)。高学年になると、動きも大きくカッコイイ踊りになってきています。  次に、ダンス途中での移動について確認し、最後に全体を通して踊ってみました。  最後もバシッと決まってよかったです。楽しみにしていてください! ※ソーシャルディスタンスを意識して、隣の子供とのスペースを取っています。最後だけ密になりますが、喋らないようにしています。    
 9月23日(水)、シルバーウイーク明けの1時間目には、前回延期になっていた運動会全体練習1を実施しました。予定では、24日でしたが、台風による雨を避けるために一日早めて実施しました。運動会は、天気との戦いでもあります。  今回の練習では、新種目「学年対抗リレー」の練習・入場・開会式の流れ・体操・退場などを行いました。今回もリーダー学年の子供たちがよく動いてスムーズに進行できました。  ※学年対抗リレーは、学年毎に決まったコースを最後まで走ります。当然1コースが1年、6コースが6年です!  全体練習で一番気を付けることは「密」になることです。時々教師からも声をかけて距離をとるようにしています。 スローガンは、『 燃えろ!上井出魂 つなげ!みんなの思いと笑顔 』です。  ☆子供が主体的に動いて、安全で、活気があり、楽しめる運動会を目指しています。
 9月18日(金)には、3年生が社会科見学に行ってきました。楽しみにして、準備をしていたので実施できてよかったです。  上井出郵便局前から路線バスに乗って、市民文化会館前で下車しました。 ※消毒スプレーなどの準備をして、感染予防に努めました!  まずは「中央図書館」に行きました。図書館では、担当の方からお話を聞いたり、普段は見られない場所(地下書庫等)を見学をしたり、質問をしたり、自動貸出機で本を借りたりしました。とっても充実した時間になりました。  そして、隣の浅間大社の公園でお昼を食べました。湧く玉池を見学したり、追いかけっこをしたりして楽しい時間を過ごしました。  午後は、次の目的地である「イオン富士宮店」に移動しました。イオンでは、スーパーの中で工夫や気になったことを見つけました。そして、イオンの担当の方からお話を聞いたり、質問をしたりしました。準備をしていたので活発な質疑応答になっていました。  そして、富士宮駅北口バス乗り場から路線バスに乗って、上井出まで帰ってきました。とてもいい体験になりました。  
 9月16日(水)の6年生家庭科では、よりよい食品の選び方という授業を行っていました。  食品の袋の裏に表示してある説明書の見方と実際に食べてみてどうだったかを検証する内容でした。  今回扱った食品は、「かにかま」。商品名は載せませんが、3種類の「かにかま」について、説明を見たり、少しずつ試食してみたりして、グループで意見を出し合って、どれを選ぶかなどを根拠と共に発表し合っていました。  味・価格・成分などが主な検討材料でした。  あるグループでは、一番価格が安いものが味では一番人気でした。(いつも食べ慣れているのかな・・・) ☆ 健康面・経済面などを考えて、買い物上手になることはとても大事なことですね!  将来に生きる学びだと思います!  
 9月16日(水)の1時間目には、体育館に「紅蓮華」のリズムが響いていました。  今年の運動会での表現(ダンス)の練習がスタートしました。  練習に向けて、体育担当の先生が、振り付けを考えて、ビデオ作成をしてくれました。視聴しましたが中々の仕上がりのダンスでした。若者は発想と行動力が凄いですね!  そして、今年のダンスは、「鬼滅の刃」のテーマソング『紅蓮華』です。  1時間目には、1,2,5,6年生が体育館でダンスビデオを見て、振り付けを少しずつ先生の指導と縦割りグループの先輩の指導で覚えていきました。  3,4年生は、3時間目に練習をスタートしました。子供の振り付けを覚える能力の高さに驚かされます。  少しずつお知らせしていきます。完成が楽しみです。
 9月15日(火)の3時間目には、1年生による上井出座公演「大きなかぶ」が行われました。  1年生のみんなが、国語の授業で学習した「大きなかぶ」のお話を役割分担して劇にしました。2つのグループで劇の練習を行い、その成果を2年生に披露しました。  各自が一生懸命台詞を覚えて、身振りなども入れて熱演していました。とってもよかったです!  2年生の子供たちは、昨年自分たちも挑戦した劇を見て、驚きと共に感想を発表していました。「去年の私たちよりもしっかり台詞を覚えて、大きな声で発表していました。」、「ナレーターの役の人も分かりやすくてよかったです。」など多くの感想が聞かれました。  1年生のみなさん、素晴らしい劇でした。  
 9月15日(火)の2時間目は「学ボラ」の時間です。  今週は、5人の地域講師の先生が来校して子供たちの困り感に対応してくれました。  1年生では、時計の針で時間を理解する授業でしたが、中々難しく困っている子供がいました。そんな子供たちに2人体制で優しく助言する対応ができていました。有り難いです。 ☆ 学ボラの皆様、今週もありがとうございました!  
 9月15日(火)の朝運動では、ソーラン節の第2回全体練習をグラウンドで行いました。  今回は、主に入場の流れやグラウンドでの演技位置の確認などをしました。  1年生は、まだまだ修行中ですが、前でかっこよく踊っている6年生の動きを見ながら自分の踊りの参考にしているようでした。一歩一歩進歩しています。  上級生の踊りは、徐々に迫力も出てきており、動きの鋭さも加わっています。 ☆奉仕作業で草も無くなり、きれいになったグラウンドでみんな気持ちよく踊っていました!  
 9月14日(月)の午後、西側駐車場・グラウンド・弾薬庫・東側林等の学校周りの確認をしていると、なんと、マスカット!と思われるように黄緑色の実が鈴なりになっていたのです。 なんだこりゃ、と思ってよく見ると、上井出小名物の銀杏の実『ぎんなん』でした。  いつも黄色くなって地面に落ちてからから気がついていたので、こんなに爽やかな黄緑色で、ブドウのようになっているなんてことに気がつきませんでした。  上井出小での新しい発見でした!知っていましたか?
 9月14日(月)の午後には、6年生の子供たちが社会赤見学で白糸の滝方面に出掛けました。  訪問場所は、らっきょう屋さん・平石屋さん・だんの家・白糸の滝等でした。  コロナの関係で、お店訪問(インタビュー他)等できなかったけれども、マスクをして充分気を付けての取組を始めました。  本日は、グループ毎に目的場所を決めて、質問等の準備をして、短時間でインタビューができるような対策もしていました。  天気もよく、子供たちは久しぶりの活動に生き生きとしていました。今後も発展や追究、まとめが楽しみです。次回は、上井出地区の南方面に行くようです!