1 校章制定の由来

 本上井出小学校は,本校を上井出区峰山におき,猪之頭・人穴・根原・麓の4地区に各分教場をもつ学校で,各分教場間の距離も遠く,第5支部(白糸・上野・柚野・北山・上井出)合同の少年団年会,合同体育会等,集合の際など同じ学校内児童であっても,他校児童のように感ぜられ,親しみがない。児童の帽章も同じ村内にある同じ学校でありながら本校をはじめとして,各分教場まちまちのものを帽子につけている状態で統一がなく,児童自身も他校に対して,引け目を感じ学業に運動になすことすべてに生気がない。
 以上のような状態をいかにして打開すべきかを討議の結果,まず校章を制定することにした。

2 校章制定年  昭和4年

3 校章の形

   中央に富士山を配し,校名「上井出」の文字を入れ,これを強く逞しい若わしの羽でおおっている形を表す。

4 校章の意味

   ここに学ぶ子らが,富士山のごとく大地にどっかと足をふまえて,四海を見おろす風格をそなえ,若わしのように炯眼俊敏さをもち大志を抱いて大空をはばたいていくがごとく育つことを表している。

新着
 3月8日(月)には、6年生が先日の奉仕作業(清掃)に続いて、学校のためにできることとして、集配ボックスと運動会得点板(点数カード含む)のリフォームを行ってくれました。  SSS渡邊さんのアドバイスを生かして集配ボックスの色を塗り替える者。担任と伊藤支援員に補助してもらいながら点数カードを張り直す者などを分担して取り組んでいました。途中でしたが、両方共にきれいに仕上がりそうです。  6年生のみなさんありがとうございます。(感謝の気持ちに感謝です)
 3月5日(金)から7日(日)にかけて、3年生から6年生の子供がクロームブックをお試し持ち帰りを行います。  先週のPTA役員子供の持ち帰りでは、家のwifiに繋ぐときのパスワードなどの入力に少し手間取った(ルーターの裏を見る等)位で、後は問題なく活動できたようです。クロームブックも無事に戻ってきました。  今回は、ケースが届いたので、それにクロームブックを入れてからランドセルに入れて持ち帰りますので、さらに安全性は増します。  子供たちには、クロームブックについての基本的な指導はしてありますが、分からないところは、保護者様が、一緒に持ち帰るマニュアルなどを確認してサポートお願いします。  今回の家庭でのミッション(活動)内容をまとめたプリントも持ち帰りますので、ご確認いただき、お子様をサポートしていただけると有り難いです。 ★クロームブックを使う上での「ルール」も一緒に持ち帰りますので、そちらもご確認ください。  3月8日(月)には、忘れずに学校に持ってくるようにさせてください。 ☆アンケートへのご協力もお願いいたします! <今回の持ち帰りにおいての、学校・家庭での活動プリント画像>
 3月4日(木)には、6年生の子供たちが「クリーン大作戦」を実施しました。  6年間お世話になった校舎に、感謝の気持ちを持ってきれいにしたいと考え取り組みました。  清掃場所は、事前に先生方にアンケートをして、要望が多かったところをやってくれました。  11人で役割分担し、体育館(トイレ・水道・体育器具室・扉のレール)、外トイレ・校舎の水道・教室のレール・外の階段下を、へとへとになるほど全力で掃除してくれました。  とってもきれいになりました。6年生のみなさんありがとう。感謝です!
 3月4日(木)には、Chromebook(クロームブック)を保管したり、持ち歩くときのケースが、市内他校に先駆けて届きました。本校で使い方の状況を確認するためにです。  そこで、ケースを紹介すると共に、QRコードのカードなども一緒に紹介したいと思います。 ◯Chromebookケース ・ケース及びケースに入っている写真。 ・子供が持っている写真、机の横に掛けてある写真 ※チャックの持ち手の所に名札が付くようになります。今回、試しにテプラを貼ってみました。中々しっかり付いていますが・・・   ◯QRコード:カード(上井出小版) ・サイズ:横5.2cm × 縦7cm   (送られてきたデータをそのまま印刷して、左記のサイズに切って使用しました) ・上記サイズのカード(紙)を、名刺サイズ(60mm×95mm)ラミネート シートに入れてラミネートしています。 ・裏面には、「キーボー島:アカウント」(ニックネーム・パスワード)を印刷した紙を一緒にラミネートしています。      
 3月3日(水)の朝には、今年度最後の「お話の泉」がありました。  本日も5人の読み聞かせボランティアの保護者様が来校し、最後にふさわしい本を選択して、子供たちに語りかけるように読んでくださいました。  いつもより少し長くじっくり読んでいただきありがとうございました。子供たちもお話の中に入り込んでいました。とってもよい時間をつくっていただいています。  来年度もよろしくお願いします。
 3月2日(火)の午後には、6年生の子供たちが、音楽室において西富士中学校ガイダンスをリモートで実施しました。  西富士中と3校の小学校がズームでつながり、西富士中の先生や生徒等が西富士中学校の生活の説明をしたり、小学生からの質問に答えてくれました。  また、質疑応答の時間もあり、上井出小の子供も質問をしていました。対面ではなくても多くの事が分かったガイダンスだったと思います。  子供や職員がズームによるリモートに大分慣れてきたこともよかったと思います。
 3月2日(火)の20分休みには、6年生の合唱指導も行ってくれている鈴木先生にも入っていただいて、5年生が「ハンドベル」の演奏練習を行いました。みんな緊張感がありました。  今回のハンドベル練習は、在校生が5年生だけという卒業式で、6年生に送るものとして選んだようです。(曲目は一応秘密です!)  練習も進めて来ており、卒業式の雰囲気に合った、いい感じの音色が出てきています。本番では、緊張すると思いますが、いい演奏で卒業生を送り出してほしいと思います。
 3月2日(火)には、1年生の子供たちが、1人1台PC(クロームブック)のログイン及びクラスルームの設定を行いました。  担任の先生、情報担当の先生、教頭先生、支援員さん等が関わり、何とか1時間でクラスルームの設定までが完了したようです。  分からないところは、近くにいる先生を呼んで、多くは手伝ってもらっていましたが、表情は困っているというよりも、新しいPCの操作にワクワク、ドキドキしているようでした。  新しい学びへの準備が進んでいます。この子達が6年生になった頃はどうのように成長しているのかが楽しみです。
 3月1日(月)には、集会日課による朝礼を行いました。  3月の校長の話では、3年間の上井出小での勤務を表すのは「感謝、ありがとうございました」という言葉です。  上井出小学校は、保護者・地域の皆様の大きなバックアップがあり、そして先生方の頑張りで素晴らしい教育環境ができています。  それを普通と思わないで、常に感謝しながら、自分自身では目標に向かって全力で頑張って欲しい。ということを「上井出小学校の絵(最後の作品)」と、「頑張っている5年生の子供の言葉」を使って伝えました。  次に、2、3月の生活目標の反省とお知らせを1年生の子供たちが発表しました。  今回も全員が一言ずつ発表しましたが、全員が暗記をして、大きな声で堂々と発表しました。発表が終わった後の拍手は、頑張った後輩への祝福のようでもありました。素晴らしかったです。  朝礼後には、書写と絵画の表彰を行いました。  今回も多くの子供たちが入賞し、喜びの笑顔を見せてくれました。名前を呼ばれたときの返事が大きくなってきました。様々なところに子供たちの成長を感じます。        
 2月26日(金)の放課後には、ランドセルに1人1台PC(クローム・ブック)を入れて、家庭に持ち帰る子供がいました。第一陣として、現PTA役員の子供が持ち帰りました。  「どうかな重くないかな?」と聞くと、「全然重くないですよ。」「ランドセルに入れると分からない。」という返事が返ってきました。ただし、横断バックには、その分の荷物が入っていたように思います。持ち帰りに際して工夫が必要だと感じます。  2泊3日の持ち帰りでしたが、教師から出されたクラスルームでの活動や、キーボー島の取組等、全員が課題をクリアできたようです。アンケートを分析して、さらに工夫していきたいと思います。  PTA役員の皆様、ご協力ありがとうございました。 ※QRカード用の「アームバンド」を試着した写真も載せます。