<お知らせ> 

 

 

 NEW我慢 第8波!? 新型コロナウイルス感染症〔レベル2〕の対応が継続中です。

お子様または同居家族に発熱や咳、のどの痛み等の症状がある場合(医師により新型コロナウイルス感染症でないと判断された場合を除く)については、登校せずに自宅療養をお願いします(咳やのどの痛みにより、早退する子供が増えています。)

国(県)の新型コロナウイルス感染症の評価レベルは依然として「警戒を強化するレベル」となっております。本校では油断することなく、学校医等の指導を仰ぎながら学校でできうる限りの感染対策と子供の豊かな学の機会の保障に取り組んで参ります。保護者の皆様におかれましては、引き続き、毎日の検温・健康観察、健康観察アプリでの報告をお願い申し上げます。

また、レベル2の対応中は、お子様または同居家族に発熱や咳等の症状がある場合(医師により新型コロナウイルス感染症でないと判断された場合を除く)については登校せずに自宅療養をお願いします

特にお子様については、発熱や咳、倦怠感や喉の違和感の症状があり、普段とは体調が少しでも異なる場合には登校せず、自宅にて休養するようにお願い申し上げます。※この場合「出席停止扱い」になります。

なお、登校後、発熱や咳、体調不良の様子が伺えた場合は、お迎えをお願いしますのでご承知おきください。御理解と御協力をお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

新着
2年生は図工で「いっぱいうつして」というステンシル版画に取り組んでいます。 今回の授業では、クリアファイルで切り取った版を使って、ローラーで印刷しました。 「ローラは一方通行。行きは電車で、帰りは飛行機。」などと刷り方のポイントを意識しながら子供たちは、真剣にとりくみました。同じ版でも色を変えたり、版同士を重ねたりと工夫する姿も見られました。子供たちは、刷り上がった作品を見て、「きれいな模様ができた。」「動物がたくさん現れた。」と、喜んでいました。 インクが乾いたら、クレパスで絵を付け足しながら、作品を完成させます。    
6年生は、むぎのほ学習の時間に「セクシャルマイノリティにつて考える」講演会をお二人の当事者をお迎えし実施しました。2人の6年生が昨年度から取り組んできた、「だれもが自分らしく、幸せな生活ができる社会を創るために今できることは何か?」をテーマした探究学習の中から実現したものです。 2人の6年生は、これまでの探究学習の中で、セクシャルマイノリティの方々が「公共の場のトイレ」に困っていることを知り、それを改善するために募金活動をしたり、富士宮ライオンズさんに支援をお願いして、誰もが使いやすいトイレであることを示すオリジナルのステッカーづくりにも取り組んだりしているところです。 今日は、6年生の仲間に「セクシャルマイノリティの方々が私たちの身近にいること」「日常生活の中で沢山の困りごとと向き合って生活されていること」などをまずは知ってほしいと、この講演会を富士市LGBT成人式実行委員会のみなさんの応援を得て企画してくれました。 参加した子供たちからは、「だれもが平等な世界の大切さが分かった。だれも嫌な思いをせず自分の歩みたい人生を歩めて、だれもが笑顔になれる世界を創りたい。」とか「偏見や差別、いじ...
運動会の最終日も恵まれた天気のなかで実施することができました。 今日は小学校生活初めての運動会の1年生と最後の運動会となる6年生の出番でした。ペア種目であるソーシャルディスタンスリレーは、ペアでフラフープを持って走り、1年生が途中でかごに玉を入れいる競技です。新型肺炎ウイルスの影響で一緒に遊ぶことや交流活動が制限される生活が続きましたが、今日はペアで協力しながら競技を楽しむことができました。 そのほか、1年生は障害物走「くぐってジャンプ!!」と「えがおはじけるミックスナッツ(表現)」を披露しました。 障害物走ではハードルをくぐって、ミニハードルを跳び越えてゴールを目指しました。まっすぐ走ることに加え、多様な動きの入ったレースは見応えがありました。表現では、「笑一笑」「ミックスナッツ」の曲に合わせて、体操とリズダンスを織り交ぜたかわいらしい表現を見せてくれました。 最後の運動会である6年生は「6年生全員リレー」と表現運動「根南ソーラン」を披露しました。 全員リレーでは、練習を重ねてきた、見事なバトンパスで、白熱した迫力満点の好レースを見せてくれました。 「根南ソーラン」では、「ダンスホール」...
運動会2日目。清々しい秋晴れのもと2年生と5年生が素晴らしい演技を披露してくれました。 2年生は、大玉転がし「転がる大玉!みんなに幸あれ!」と「151人から みんなにサチアレ!(表現)」を行いました。  大玉転がしでは、クラスカラーの軍手をつけて気持ちを一つに、4人1組で大玉を転がしました。各クラス、「カーブの曲がり方」「大玉の押し方」など自分たちで課題を見つけ、それを克服しようと練習してきました。当日は、どのクラスもみんなで協力して大玉を上手に転がし、大接戦のレースを見せてくれました。 表現では、「151人から みんなにサチアレ!」というテーマのもと、リズムに合わせたかわいらしい創作ダンスを披露してくれました。「マスカット」「サチアレ」のリズムに合わせて身体を一杯に使ったキレのあるダンスを披露してくれました。最後のクラスごの決めポーズは、個性が出ていて格好よかったですね。  5年生は「根南ダービー2022~作戦と協力で走り抜こう~」と表現運動「Take over the New World!」を行いました。5年生のダービーは2~4人組で木馬を持ち、ドラックの半周をバランス良くボールを運びます。どのクラスも休み時間にも自...
朝方、雨模様で心配された3・4年生の運動会ですが、開会式の頃は薄日も差しはじめ、予定通り121回目の運動会を開催することができました。 3年生は「根南ダービー2022 」と「かっこよく!かわいく踊る!根南ファイターズボーイ&ガール」を披露してくれました。 ダービーでは、木馬の背中にボールを乗せて、2~4人でバランスをとりながらリレーする競技です。各クラス、チームごとにどうしたら、素早く不安定なボールを落とさず運べるか、という秘策を試行錯誤しながら練習を重ね、本番では各クラスともいい走りを見せてくれました。 表現では、「かっこよく!かわいく踊る!根南ファイターズボーイ&ガール」というテーマで、かわいらしい「きつねダンス」と鳴子を使った力強い「よっちょれ」を披露してくれました。どちらの踊りも練習の成果が発揮され、きつねのかわいらしさと、よさこいの力強さをメリハリをつけて表現することができました。   4年生は「4年生全員リレー」と「粋 ~花笠音頭2022~」を行いました。 全員リレーでは、体育の時間に加え、休み時間にも各クラスでスムーズなバトンパスの練習を重ね、さらには走順をいろいろ試しながら、少しで...
本日は、3日間に渡って開催される第121回運動会の全体開会式がテレビ放送で行われました。 今年度も新型肺炎ウイルス感染拡大防止の観点から分散開催となります。 ですが、子供たちは、スローガン「はなれていても心は1つ1025人でつなぐきずなのバトン」のもと、みんなの心をつなぎ、感動ある運動会を創り上げようと、児童運営委員会、応援団を中心に頑張っています。 開会式では、1、3、5年生の代表児童から、運動会で頑張りたいことや意気込みの発表がありました。 校長先生からは、思いやりと協力の絆を自らすすんで仲間とつなぐ運動会にしましょうと、お話がありました。 明日からの子供たちのがんばりが楽しみです。  
10月20日(木)~21日(金)6年生は修学旅行に行ってきました。 東京方面への修学旅行は3年ぶりでしたが、天候にも恵まれ6年生の一人も欠くことなく無事に実施することができました。これも子供たちの頑張り、そして、体調管理など丁寧に対応してくださった保護者の皆様の御協力の賜だと思っております。ありがとうございました。 この2日間、、子供たちは、国会議事堂や上野恩賜公園内の博物館等の見学、さらには歴史、科学などコース別の見学をとおして、これまで学習してきた、日本の歴史や文化、政治や経済、首都圏の人々の生活の様子など関わる事柄を自分の目で確かめ、味わうことができたようです。 また、公衆マナーを守ること、仲間と協力すること、思いやることなど、6年生全体の絆も深めるよい機会となりました。 2日間の学びを活かしながら6年生の残り5ヶ月を充実させ、最高の6年生として卒業の日を迎えててくれることを期待しています。    
6年生は明日から修学旅行に出発します。 ペアの1年生は、6年生が天候に恵まれ、安全に元気に行ってこられるよう願いを込めて「てるてる坊主」を作り、日頃お世話になっているペア6年にプレゼントしました。 心のこもったプレゼントを頂いて6年生もととても嬉しそうでした。天候にも恵まれて、楽しく充実した修学旅行になるとよいですね。    
2年2・3組が公共施設の探検に行ってきました。今回は富士山世界遺産センターでの様子をお知らせします。 子供たちは公共の交通機関(電車 富士宮駅ー西富士宮駅)の乗車体験を終え、商店街の様子を確認しながら徒歩で富士山世界遺産センターに向かいました。 見学では、富士登山の疑似体験をしながら、豊かな樹林帯やそこで生きる動植物、森林限界を超えたごつごつした岩の様子、眼下に広がる雲海などを楽しみました。残念ながら、屋上のテラスからは富士山を見ることができませんでしたが、楽しい見学になりました。 子供たちは、他にもお客さんも利用する「公共施設をマナー」を意識しながらも、たくさんの気付きと学びがあった探検になりました。    
5年生は家庭科で、ミシンを使った「ランチョンマット製作」の仕上げに取り組んでいました。 ミシンの扱いにもだいぶ慣れ、上達してきた子供たちは、小さなほころびや縫い目の曲がりなどを修正しながら、少しでもよい作品になるようにと真剣に取り組んでいました。完成したランチョンマットに丁寧にアイロンをかける姿も見られ、手作りの良さを確かめているようでした。 このマットの上に給食を置いたら、いっそう美味しくいただけそうですね。