人穴小学校は、雄大な富士を間近に仰ぎ、豊かな自然に囲まれた学校です。学区には、世界遺産富士山の構成資産の一つ、「人穴富士講遺石群」があります。また、地域の方と子どもたちによる「人穴富士浅間太鼓」が、勇壮な演奏を、富士山へ、そして人々の心へ、響かせています。
 地域の方々は、学校を地域の核ととらえ、温かく見守り、支援してくださいます。また、子どもを中心に、「運動会」や「学校と地域のつどい」等の行事を合同で実施し、毎年、皆で楽しんでいます。学校と地域が連携して、子どもを育てている学校です。

新着
今年度第3回目のPTA廃品回収が行われました。 冬の早朝ということもあり、寒さを心配していたのですが、それほどでもなく、無事終了することができました。 参加してくださった保護者の皆様、ご協力いただいた地域の皆様ありがとうございました。 今年度はこれが最後となりましたが、来年度もご協力のほどよろしくお願いいたします。  
「日本の伝統音楽を楽しもう」と題し、音楽鑑賞教室が開かれました。 当日は、望月のり子先生、渡邊悦子先生をお迎えし、琴の演奏を聞きました。 途中、尺八や三味線の紹介をしていただきました。 後半は実際に琴や三味線に触れる体験をし、古くから伝わる日本の伝統音楽を堪能しました。     
今年度の学習発表会は、各学年の発表とキッズゲルニカ完成発表を行いました。 「お話の泉」のお母さん方によるペープサート、人穴冨士浅間太鼓のみなさんの和太鼓演奏、 そして、地域のみなさんが作成した作品の展示発表も行われました。 学習の成果を生き生きと発表する子供たちの姿が見られたこと、地域の方々にも参加していただけたことが、とても嬉しかったです。 直接的な人との関わり(リアルな体験)は、心を揺さぶられることを実感しました。 参会してくださったみなさん、ありがとうございました。