人穴小学校は、雄大な富士を間近に仰ぎ、豊かな自然に囲まれた学校です。学区には、世界遺産富士山の構成資産の一つ、「人穴富士講遺石群」があります。また、地域の方と子どもたちによる「人穴富士浅間太鼓」が、勇壮な演奏を、富士山へ、そして人々の心へ、響かせています。
 地域の方々は、学校を地域の核ととらえ、温かく見守り、支援してくださいます。また、子どもを中心に、「運動会」や「学校と地域のつどい」等の行事を合同で実施し、毎年、皆で楽しんでいます。学校と地域が連携して、子どもを育てている学校です。

新着
白糸小学校と交流会を行いました。1時間一緒に授業を行い、お弁当を食べた後、また一緒に遊びました。授業内容は1年生:音楽2年生:道徳3年生:国語4年生:道徳5年生:国語6年生:社会でした。今回は、白糸小の3年生が人穴小にやってきました。         楽しい時間を過ごすことができました。白糸小のみなさん、ありがとうございました。
人感センサーや明るさセンサーを作動させるためには、どのようなプログラミングをすればよいのだろうか。 5・6年生がプログラミングに挑戦しました。 当日は、市の新任校長研修会とも重なり、授業参観に訪れた校長先生方に自分の作品を説明しながら、実際に動かして見せました。 校長先生方も、興味深く子供たちの発表を聞いていました。     
1・2年生5人が、自分たちで育てた野菜(ピーマン、オクラ)を使って、ピザづくりをしました。 もちろん、コロナ感染症対策も念入りに行いました。 自分たちで育てた野菜は、いつもよりおいしく、笑顔があふれました。