本校では、 「一人一人の子供はかけがえのない存在である」を基盤に、校訓「強く 正しく」を心のよりどころとする学校、「確かな学力」が育つ授業を展開する学校、地域・家庭との協働による安全で安心して過ごせる開かれた学校を実現し、子供の最高の笑顔がいっぱいあふれる学校を目指しています。

 開校95年目(平成29年度)を迎える貴船小学校は、「強く 正しく」という校訓を引き継いでいます。「強く」というのは、子供たちの周りに起こる様々な出来事に、不安になったり、逃げたくなったり、怒りを感じたりしながらも、それを乗り越えていく強さと考えています。いくつもの困難の中で、いかに心を安定をさせ、困難を乗り越えていくか、強くてしなやかな心を育てていきたいと思います。また、「正しく」は、規則正しくであり、礼儀正しくであり、素直さであると考えます。他と協調し、言うべきは言い、受け入れるべきは受け入れる「自らの意思に基づいて行動する」ことであると考えます。それは、これからますます必要とされる「折り合いをつける」ことにも通じると考えます。そうした「強く 正しく」を、結果ではなく経過で見取り、認め励ましていくことを大切にしていきたいと考えています。

そのために、教職員は課題を共有し、保護者の皆様や、地域の皆様とともに、教育活動に誠心誠意取り組みます。
 そして、貴船小PTAや貴船小サポーターズクラブ(PTCA)、さらにそれらを母体とする学校支援地域本部事業が充実し、大変心強い学校応援団として後押しをしていただいております。ありがとうございます。

新着
    本年度、98名の1年生が貴船小の仲間に加わりました。上級生から1年生には「みんなが入学して、とってもうれしいよ。」「困ったことは何でも聞いてね。」と温かい言葉かけがありました。1年生も元気よく「これからよろしくお願いします。」と答えていました。         【全校生徒が1年生を迎えました】【貴船小◯×クイズで1年生は楽しそうに答えていました】 【温かい歌声と大きな拍手の中、退場です】
ブログ
03/19
パブリック
本日、修了式を行いました。各学年の代表の児童が、校長先生から修了証を受け取りました。また、3年生と6年生の代表児童は、「6年生ありがとう集会で、大きな声で発表ができた」「あいさつがたくさんできるようになった」など、自分ががんばったことを発表しました。 1年間で心も体も大きく成長した貴船小の児童。新しい学年に向かって大きくはばたいてほしいです。