校区は富士宮市の市街地から西北へ約8Km、芝川地区の北部に位置し、海抜200m、東西に開けた台地にあります。富士山の湧水を水源とし、清涼で豊富な芝川の水を引く農業用水が張り巡り、美しい田園地帯が広がっています。地域の人々は、この恵まれた景観、農村の文化を守るたための活動や地域内外との交流、特産品の開発、情報発信により地域を元気にしていこうとしています。このような取組が評価され、県下でも有数の「美しく品格のある邑」に指定されました。本校では品格のある柚野の里に住む中学生として、「品格を高める」を学校教育目標に掲げ、相手意識をしたあいさつや言葉遣い、本や新聞に親しむ、乗り越える力をつけることを重点に取り組んでいます。

 

新着
柚野小柚野中では、小中学校の教員全員で授業を参観し合同授業研究を行う研修を行っています。今回は、コロナ禍の緊急事態宣言中の為、オンラインで柚野小学校とつなぎ中学3年生の理科の授業参観、事後研修となりました。事後研修では、小学校の先生方からも、たくさんの意見をいただき活発な意見交換ができました。今後も、小中合同で授業研究を行いより良い授業を目指します。 本日の合同授業研究について、柚野小学校ホームページに詳しく掲載していただきました。是非御覧ください。  
ブログ
07/28
パブリック
1学期終業式では、各学年の代表生徒の振り返りがあり、それぞれの成長の姿を伺うことができました。 校長先生からは 1 感謝の気持ち 2 夏休みの充実 のお話がありました。 夏季休業の期間に成長した皆さんに2学期会える日を楽しみにしています。    
ブログ
06/28
パブリック
6月25日(金)MOA奥熱海クリニックの院長佐久間哲也医師を講師にお招きして、SOS出し方講座を行いました。心にストレスがかかり過ぎたときに対処法として、「人ぐすり・時間ぐすり・環境ぐすり」など具体的な解消方法挙げながら、説明してくださいました。  
平成25年度卒業生の武藏和音さんを招き「柚野の後輩へのエール」と題した講演会を行いました。 講話では、自身の中学生時代の話など、中学生にとって共感できる身近な話題から、大学時代で熱中したボランティア活動、地震災害などの被災地から過疎地域の支援など、生徒にとって視野の広がる内容でした。