本校は、富士宮市の中心部(浅間大社付近)よりやや東方、かつて頼朝が矢を立てた所から水が湧きだしたといわれる「矢立池」があった「矢立町」に立地しています。学区には由緒ある古刹や遺跡・史跡が多く存在しています。
校訓を「可能性に挑む」とし、その精神を教科・領域、「矢立ドリーム」の学習や部活動等を通して、自己の可能性を信じて何事にも積極的に挑戦し、「自信をもって活動する生徒」の育成を目指しています。

アクセスカウンター
2 3 0 5 4
新着
                                                             緊急事態宣言の発出とその延期の影響を受け、9月25日に開催する予定だった「矢立祭運動の部」を11月5日(金)に開催します。生徒は、3年生を中心にその準備を着々と進めています。今年の矢立祭のスローガンは「SMILE」です。そこには、「S:support(支える)  M:memory(思い出)  I:improve(改善、進歩する)  L:learn(学ぶ)  E:energy(エネルギー、行動力)の意味があり、最後には全校生徒が笑顔でこの行事を終えることができるように」という願いが込められています。コロナ禍であり、練習も、種目も制限された中での矢立祭になりますが、生徒はできることを精一杯考え、工夫して、生徒自身の手で矢立祭を創り上げようとしています。今年はどんな矢立祭運動の部を見せてくれるのか本当に楽しみです。
   このたび、静岡県立吉原工業高等学校より、コロナ感染予防に役立ててほしいということで、足踏み式の消毒器を寄贈していただきました。吉原工業高校の生徒さんが製作してくださり、加藤校長先生が本校に届けてくださいました。今は、保健室に設置して活用しています。大切に使用させていただきます。本当にありがとうございました。
                 10月1日(金)生徒会役員選挙が行われました。新型コロナ感染拡大予防のため、リモートで実施しました。候補者10名の演説、責任者による応援演説はとても堂々としていました。自分の意見を自分の言葉で全校生徒に訴えかけていて、大変立派なものでした。どの立候補者からも「よりよい一中づくりへの挑戦」が感じられる内容で、誰が生徒会本部役員になっても素晴らしいリーダーになると感じました。3年生を中心とした現在の生徒会本部役員は11月の矢立祭運動の部をもって任期を終了し、その後、新生徒会本部役員による活動が開始します。
             10月1日(金)に生徒会役員選挙が行われます。それに先立ち、昼の放送時間を活用して、立候補者と責任者による放送演説が実施されました。2年生6名(定員5)、1年生4名(定員3)が立候補しています。立候補者の言葉から「生徒の手で一中をよりよい学校にしよう」「生徒一人一人の学校生活をよりよいものにしょう」という意気込みを感じることができました。生徒会の中心が3年から下級生にバトンタッチされますが、3年生が築き上げた伝統と文化を確実に継承し、発展させてくれると思います。期待しています。
ブログ
09/10
パブリック
                      各教科でタブレットを活用した授業、学習に取り組んでいます。デジタル教科書を活用して、個別学習に取り組んだり、振り返り等をタブレットに打ち込んで考えや感じたことを共有したりしています。教科によって活用方法は様々ですが、これからも、子供たちの個別最適な学びの実現、学力の向上を目指して、効果的にICTの活用した学習に取り組んでいきます。
   今年度から1人1台タブレットが実現し、本校でもICTを活用した授業、学習に取り組んでいます。新型コロナウイルス感染拡大を受けて、緊急事態宣言下での2学期のスタートとなりました。部活動が実施できない中、放課後の時間を活用して、子供たちと学校をオンラインで繋ぐリモートテストを実施しています。もし、コロナの影響で休校になり、登校できない状況になった時にも子供が学習機会を失うことのないよう、タブレットを有効活用していきたいと考えています。家庭でも、学校でもICTを活用して子供たちの可能性を引き出していきます。
ブログ
09/03
パブリック
                  8月25日(水)、生徒会主催による部活動報告会が開催され、部活動等の集大成となる最後の大会、コンクール等に臨んだ3年生が活動や結果を報告し、1・2年生が3年生の健闘を讃えました。各部代表生徒による報告には、これまで支えてくれた家族、後輩たち、先生方への感謝の気持ちが込められていました。また、部活動等で得た貴重な経験をこれからの生活に役立て、次の目標に向かって前へ進んでいこうという強い決意が感じられました。  一中を応援してくださった方々、誠にありがとうございました。
     8月24日(火)、2学期の始業式がリモートで行われました。33日間の充実した夏休みを終えた生徒は2学期の学校生活への意欲に満ち溢れていました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、緊急事態宣言下での2学期のスタートとなりましたが、1年の宇佐美凱有さん、2年の内山遥太さん、3年の城香里奈さん、生徒会本部の鈴木森羅さんが代表生徒として、前向きな言葉で2学期の抱負を語ってくれました。コロナ禍で制約された中での学校生活となりますが、感染防止に努めながら、「チーム一中」で2学期の教育活動を展開していきます。2学期もよろしくお願いします。