本校は、富士宮市の中心部(浅間大社付近)よりやや東方、かつて頼朝が矢を立てた所から水が湧きだしたといわれる「矢立池」があった「矢立町」に立地しています。学区には由緒ある古刹や遺跡・史跡が多く存在しています。
校訓を「可能性に挑む」とし、その精神を教科・領域、「矢立ドリーム」の学習や部活動等を通して、自己の可能性を信じて何事にも積極的に挑戦し、「自信をもって活動する生徒」の育成を目指しています。

アクセスカウンター
2 5 9 9 8
新着
                 来年度(令和4年度)から女子の制服に、スカートに加えスラックスも選択できるように準備を進めています。このたび、製造元のカンコー学生服さんの御協力を得て、見本を作っていただき、1・2年生でモニターを始めました。スラックス導入の主な目的は、①防寒対策の一つとする②防犯対策として③特に自転車通学者の怪我等の防止です。多様性の時代のニーズに応えることを通して、一中での生活がより安全に、快適になればと考えています。御理解と御協力、御支援をよろしくお願いします。
                 3年間の探究の足跡を発信しよう!ー 12月13日(月)、本校3年生が総合的な学習の時間「矢立ドリーム」で探究してきた成果を発表しました。本校では、1年時から個別課題を設定し、3年間を通して探究活動を展開しています。1年生では主に探究方法の習得と課題づくり、2年生では1年生の探究に加え、これまでの探究をまとめ、分かりやすく相手に伝えること、3年生ではこれまでの探究内容を吟味し、自分の考えを発信することを中心に活動をしています。  3年生は、課題、課題設定の理由、仮説、探究方法、探究した結果わかったこと、苦労したこと、自分の考え、社会に向けて発信したいことを発表しました。持続可能な社会を創る担い手としてSDGsとの関連を発信する生徒も大勢いました。1・2年生は今後の自分の探究活動に生かそうと、先輩たちの発表を熱心に聞き、質問していました。  ここでも、一中の伝統や文化が継承され、発展していく様子が見られました。3年生お疲れ様でした。今後の自己の生き方にも役立てください。
                11月26日、後期生徒会活動のスタートとなる後期悪王子総会が開催されました。全校生徒集まることを避け、リモートによる開催でしたが、活発な意見交換がなされました。3年生が前期の活動を報告し、後期の活動計画が提案された後、学校生活改善に視点をあてて、授業前の時間の使い方「2分前着席、1分前黙想」や登下校中の問題点等について協議しました。学年を問わず、自分の意見をもって発言する姿は、学校教育目標「自信をもって活動する生徒」の姿であると感じました。後期スローガン「和」のもとで、生徒が主体的によりよい生活を送ることができるようにしていきましょう。
                 11月2日(火)に学校保健委員会を開催しました。生徒会保健委員会を中心に準備し、心と体の健康、成長について学びました。会の前半で、生徒会保健委員会が実施した生徒へのアンケート結果の報告が行われ、一中生の実態を明らかにした上で、後半はメンタルトレーナー、アスリートメンタルコーチの高木美賀先生を講師に招いての講演会を実施しました。また、PTAの保体部ともタイアップして開催したので保護者の方も参加してくださいました。  高木先生のお話では、「最強メンタルをつくる3つの法則」として「①ワクワクする夢をもつ」「②夢を語り合う友だちをもつ」「③夢を支えてくれる人をもつ」を挙げて話してくださいました。とても心に残るお話で、これからの生活の中で実践していこうと思いました。一中生の心にも響いたと思います。是非、今後の生活、人生で生かしてほしいと思います。高木先生ありがとうございました。
ブログ
2021/11/15
パブリック
   本校では、各学年、学期に1回、朝読書の時間を使って読み聞かせを実施しています。図書ボランティアの方が読んでくださっている本の内容を静かに聴くことで、落ち着いた雰囲気の中、一日をスタートしています。2学期も3年生が10月26日に、2年生が11月2日に、1年生が11月9日に実施しました。今回は「五つのだんご」「明かりをくれ」「仙人のおしえ」などのお話しを読んでくださいました。生徒は情景を思い浮かべながら静かに耳を傾け、豊かな時間を過ごしました。図書ボランティアの皆様、いつも誠にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。  
                           11月5日(金)快晴のもと、令和3年度矢立祭運動の部が開催されました。コロナ禍であるため練習時間、種目にはかなりの制限がありましたが、生徒が考案した種目に全力に取り組みました。3年生の保護者の方にもご来場いただき生徒の活躍ぶりを見ていただけました。また、当日はYoutubeでも配信しましたので、雰囲気だけでも味わっていただけたと思います。スローガン「SMILE」のもと、生徒一人一役を果たし、競技にも、応援にも、係活動にも笑顔で活動している姿が印象的でした。とても素敵な矢立祭運動の部になりました。            
                    今年度も後期の活動に入っていきます。11月1日(月)、後期生徒会本部役員、学級委員の任命式をリモートで行いました。後期生徒会長に選出された鈴木森羅さんをはじめ、8名の生徒会本部役員と各学級から選出された学級委員32名を任命しました。一中のよき伝統と文化を受け継ぎながら、さらに一中が進化するよう、新しいリーダーたちの活躍に期待します。
                   10月29日(金)に学習集会が開催されました。1学期に行われたノート集会の第2弾です。今回はノートの活用方法だけでなく、国語、社会、数学、理科、英語の5教科で、予習等の家庭学習で頑張っていること、レポートづくりで意識していることなどについて、各教科の代表生徒が放送とプレゼンテーションを駆使して発表しました。各教室で発表を聴いている生徒は、自分の学習に生かそうと熱心にメモをとっていました。11月17日、18日には定期テストが行われます。主体的に自分の学習に取り組み、学力の向上に繋げていきましょう!頑張れ一中生!!                  
                 11月5日開催の矢立祭運動の部に向けて、最終リハーサルとなる全校練習が行われました。生徒会本部役員を中心に生徒主体で開・閉会式、応援練習、各競技の動き、係活動等について点検しながら行いました。コロナ禍で全校生徒が一堂に会するのは今年度初めてです。全校生徒が一人一役を意識して動いていました。本番でもスローガン「SMILE」のもと、生徒がグラウンドと躍動してくれると思います。本番が楽しみです。
                          10月21日(木)、矢立祭運動の部に向けて、各学年の練習がありました。各種目の入場や退場の仕方、競技のルールや実際の動きを生徒の種目責任者を中心に学年全体で確認しながら練習しました。学級対抗リレーの練習では学級が一つになって応援する様子が見られました。コロナ禍で、学年全体で集まり活動する時間も制限されています。矢立祭運動の部を成功させるという大きな目標に向かって、生徒が主体的に活動している姿はとても輝いて見えました。頑張れ一中!