本校は、富士宮市の中心部(浅間大社付近)よりやや東方、かつて頼朝が矢を立てた所から水が湧きだしたといわれる「矢立池」があった「矢立町」に立地しています。学区には由緒ある古刹や遺跡・史跡が多く存在しています。
校訓を「可能性に挑む」とし、その精神を教科・領域、「矢立ドリーム」の学習や部活動等を通して、自己の可能性を信じて何事にも積極的に挑戦し、「自信をもって活動する生徒」の育成を目指しています。

新着
台風の影響で延期した矢立祭運動の部が終了しました。1年生の学年種目は長縄跳び、2年生は多人多脚リレー、3年生はムカデリレーでした。各学年、コロナの感染対策に工夫を凝らし競技に取り組んでいました。応援団の迫力ある演舞に会場から大きな拍手が送られました。結果は、紅軍が578-453で勝利しました。           
8月21日(日)28日(日)に南部公民館にて、地域交流事業に本校の美術部の生徒が参加しました。「世界平和の祈りを込めてキッズゲルニカを製作しよう」をテーマに、星陵高校美術部の生徒の指導の下、東小、黒田小、一中、星陵中、星陵高の生徒で、ピカソのゲルニカと同じサイズのキャンパスに平和の絵を描きました。    
アクセスカウンター
3 7 3 3 8