本校は、明治8年創立という歴史と伝統のある学校です。開校以来の校訓には、智真(知恵を磨け、真の理を知れ)・仁善(物を愛せよ、善を為せ)・勇美(元気に事をせよ)があり、稲子に生きる人々の心に脈々と流れています。
 全校児童17名の学校ですが、運動会、フェスタ稲子等に見られるように、家庭、地域と一体となって学ぶ楽しさを実感できる魅力ある学校づくりに励んでいます。

新着
  4月8日に、リーダーワッペン授与式が行われました。 6年生3名は校長先生にリーダーワッペンをつけてもらい、交通安全リーダーのちかいを言いました。 みんなが交通安全に気をつけて生活できるよう、6年生、見本や声かけ等、よろしくお願いします   その後は不審者対応訓練で「イカのおすし」をみんなで復習し、もし知らない人に捕まってしまったらどうするのか、実際の逃げ方を一人ひとり練習しました。   安全教育は各クラスに分かれて行いました。 1・2年生は避難経路の確認をして、実際に地震が起きたときの非難の仕方を練習しました。   3・4年生は、特別教室の絵を見ながら、地震が起きたときどこが危険か、何が危険かを考えました。 5・6年生は稲子地区のハザードマップを見ながら、危険箇所を再確認しました。 土砂崩れの危険がある場所が多く、地震が起きたらなるべく山からはなれよう!と話しました。 ”自分の命は自分で守る” 今日学んだことを、いざというときに実践してほしいと思います。  
  新学期が始まり、子供たちの元気な声が響いています。 楽しく学校に通ってくれて嬉しいです   さて、今年度も健康診断が始まりました。 身体測定からスタート 身長・体重・聴力検査・視力検査を行いました。   1年生は小学校に入って初めての検査ばかりでしたが、よく頑張りました 身体測定の他にどんな健康診断があり、どんな器具を使って検査をするのか説明をしました。 健康診断は、自分のからだや成長を知るための大切な機会です。 しっかり受けましょう  
ブログ
04/05
パブリック
  平成31年度の入学式が行われました。 今年度の入学生は4名です。 緊張した様子で、6年生と手をつないで入場しました。 6年生の児童会長が、1年生の前で堂々と歓迎の言葉を言い、2・3年生5人は、学校でできるようになったことを紹介しました。   「ひらがなや漢字が書けるようになるよ」「なわとびがとべるようになるよ」 「メロディオンで合奏することができるようになるよ」 1年生がほっとできるような、優しく、力強い発表ができました 1年生の保護者の皆様、1年生のみなさん、ご入学おめでとうございます。 これから、稲子小で楽しい学校生活を送っていきましょう   地域の皆様、在校生の保護者の皆様、お越しいただきありがとうございました。 今年度も、本校へのご協力・ご支援のほどよろしくお願いいたします。        
ブログ
04/04
パブリック
  稲子では桜が満開になり、子供たちの新しい生活を応援してくれているようです さて、いよいよ平成31年度の稲子小学校のスタートです。   まずは、新任式が行われました。 6年生が歓迎の言葉を言い、先生方に稲子小の紹介をしました。 3人の先生方、ようこそ稲子小学校へ。これからどうぞよろしくお願いいたします。   次に、1学期の始業式が行われました。 2~6年生のみなさん、進級おめでとうございます クラス発表は毎年ドキドキしている子供たち。緊張したりそわそわしたりしている姿がかわいかったです。 新しい担任の先生と、1年間楽しいクラスにしていきましょう。 校長先生からは、桜の話をしていただきました。 桜の種類は、人工的に増やした種類も含めて300種類もあると言われているようです。それぞれがきれいに咲きます。 本校の子供たちも、個性豊かにそれぞれが輝いてくれるように期待をしています。 そして、子供たちは1年間の目標を発表しました。 漢字を頑張りたい子、算数を頑張りたい子、運動会などの行事を頑張りたい子、リーダーとして頑張りたい子、それぞれの目標に向かって一緒に頑張っていきましょう    
ブログ
03/31
パブリック
  3月29日に、平成30年度離任式が行われました。   今年度、離任される先生は3人です。 先生方から最後の言葉をいただき、涙する子供たちも。 子供たちからは、愛のこもった手紙と、お花をプレゼントしました。  これまで、本校のためにたくさんたくさん力を注いでくださいました。 本当に寂しいですが、先生方と過ごした日々を忘れず、学んだことを生かし、これからよりよい学校をつくっていけたらと思います。 本当に、ありがとうございました 転任校でも、大活躍されることを願っています    
ブログ
03/20
パブリック
  3月20日に、平成30年度の修了式と卒業式が行われました。     修了式では、校長先生から、「1年間、本当によく頑張りました。素晴らしく、立派でした。」との言葉をかけてもらいました。    つらいこと、悲しいこと、「学校に行くのが嫌だな」と思うこともあったかもしれないけれど、みんなが毎日学校に来て、心も体も大きくなったこと、たくさんの経験をしたこと、そんな自分にもっともっと自信を持ってがんばってもらいたい。   そんな校長先生の励ましの言葉を聞き、来年度、子供たちはこれまで以上に活躍し、成長してくれるのではないかと思いました。  1人ひとりが校長先生から修了証をいただき、1年間がんばったことを発表しました。 1年間で、発表も上手くなりました本当によくがんばりました 進級おめでとう!     そして、今年度の卒業生は1人。6年間、同級生はおらず、たった1人で頑張ってきた児童です。 3月は、教職員も児童も、卒業までの日数をカウントダウンし、卒業生への思いを馳せ、「卒業してほしくない」と涙をこらえる日々でした。 登校した卒業生は、6年間ずっとそばでサポートしてもらった用務員さんに、入学式同様、手作りのコサー...
稲子では白やピンク色の梅の花が咲き、春の陽気を感じています あたたかくなってきたことは嬉しいですが、花粉症がつらい時期ですね 本校は山に囲まれているので花粉がたくさん舞っていそうです・・・。   さて、3月のゆうゆうタイム(健康)では、この1年間、ゆうゆうタイム(健康)でどんな活動をしてきたかふり返りながら、1年間の自分の健康をワークシートでチェックしてふり返りました。 ◎(よくできた)○(まぁまぁできた)にチェックがつく子供が多く良かったです。 今年度の健康をふり返り、△や×だったところを参考しにして来年度の健康目標も決めました。 「休みの日の生活リズムに気をつけたい」 「むし歯にならないように、歯をていねいにみがきたい」 「毎朝うんちがでるようにがんばりたい」 「3色の朝ごはんを意識したい」 1人ひとりが1年間の自分の健康をふり返り、目標も書けました   本校はこのような保健教育ができる機会が月に1回ほどあるので、子供たちも健康を意識しやすいのかもしれません。 来年度も1年間健康に過ごせるように、また、自分の健康目標が達成できるように頑張りましょう  
2月13日に 富士根北小学校粟倉分校の5名の子ども達を稲子小にお迎えしました。 これまでは、交流に行く側(ゲスト)だったので 迎える側(ホスト)は、初めて!みんなで楽しみにしていました。 いつも交流先で、してもらって嬉しいことをしてあげようと張り切っていました。 手をつないで教室まで行ってあげたり、 ランドセルの支度を手伝ってあげたり・・・。 2時間目~昼休みまでの交流でしたが、それぞれのクラスで たくさんの交流ができました。       例えば、1・2年生クラスは6名→10名になりました。 道徳の時間には、 「普段聞けないたくさんの意見を聞くことができて楽しい。」 と話す子がいました。 人数が増えると、多様な考えに触れられて楽しいと感じるんだなと 子どもの学ぶ姿に感心しました。   粟倉分校の子ども達はみんな元気で活動的でした。 稲子小の子ども達に混ざっても物怖じせずに過ごしていてびっくり! 逆に、稲子の子達はドキドキしていたそうです。 みんなの名前を覚えたので、来年の交流が楽しみです。    
ブログ
02/15
パブリック
2月5日になわとび記録会がありました。 12月から体育や休み時間、冬休みも練習してきたなわとびの 級が決まる日でした。 6分間の持久跳びでは、これまで6分跳べなかった子も跳べるようになっていて、 感動しました。 低学年も、頑張っている高学年を必死に応援しました。    種目跳びでは、ペアになった子ども同士 数えたり教えてあげたりしながら取り組みました。 跳べた時に、体育館の各場所から歓声や拍手が聞こえてきたのがうれしかったです。      記録会後の表彰式では、 本番に力を出し切れた子の、清々しい顔、 悔しい思いをしてた子の、涙をこらえている顔など、 様々な表情を見せてくれた子ども達です。 来年は、さらにパワーアップしたなわとび記録会になりそうです。  
  インフルエンザの流行が少し落ち着いてきましたが、まだまだ寒い日が続き、油断できない毎日です。 マスク着用、教室の換気の呼びかけ、お茶うがい・・・子供たちは自分たちで感染症予防を意識しています   さて、2月の保健目標は『心の健康について考えよう』です 本校では心の健康をテーマに1年間取組をしてきました。 6月には、スクールカウンセラーさんと一緒に『心の力をきたえよう!』と題して学校保健委員会を行いました。 「I have~」(信頼できる人、支えになる人)・「I can~」(自分ができること・得意なこと)・「I like~」(自分が好きなこと、もの)・「I am~」(自分の特徴や強み)の4つをたくさん心にためていくことで、レジリエンス(折れても立ち直ることができる心の力)が育っていきます。この4つを、友達や保護者の方に見つけてもらい、心の力をパワーアップさせました。 また、生徒指導の取組では、廊下の掲示板に梅の木を作り、友達の良いところやすごいところを見つけて梅の花に書き、木に貼っていきました。 水泳記録会や持久走記録会などの行事では、1人ひとりがめあてや目標を発表し、それに向かって頑張りました。 その結果、子供たち...