本校は、明治8年創立という歴史と伝統のある学校です。開校以来の校訓には、智真(知恵を磨け、真の理を知れ)・仁善(物を愛せよ、善を為せ)・勇美(元気に事をせよ)があり、稲子に生きる人々の心に脈々と流れています。
 全校児童17名の学校ですが、運動会、フェスタ稲子等に見られるように、家庭、地域と一体となって学ぶ楽しさを実感できる魅力ある学校づくりに励んでいます。

新着
  9月14日は授業参観日でした。 敬老の日をお祝いするため、3・4時間目は上稲子地区の敬老会に参加しました。    子供たちからは、「校歌」と「ふるさと」の歌のプレゼントをし、「ずいずいずっころばし」と「茶摘み」の手遊び歌で触れあいました。 子供たちと触れ合い、楽しそうに笑ってくださるおじいさんおばあさんの表情を見て嬉しくなりました。 芝川踊りやビンゴゲームにも参加をし、一緒に楽しい時間を過ごすことができました。 敬老の日、おめでとうございます。 これからも子供たちの成長を地域であたたかく見守ってくださると嬉しいです   5時間目は道徳の授業参観でした。    1・2年生は「がんこちゃんの生まれた日」という映像を見て、 自分が生まれた日はどんな日だったかなとおうちの方に聞いていました。話を聞いていると、子供たちが生まれてきたことは本当に奇跡なんだなぁと感じました どの学年も、普段の授業の様子を保護者の方に見てもらえたのではないでしょうか。 お忙しい中ご参観いただき、ありがとうございました          
  人権擁護委員会さんより、人権の花運動でいちごの苗ポットを子供たち全員に贈呈していただきました    苗を育てることで、命がある大切さを知ってもらいたい、 育てることで今以上に心を広く、大きく、そして優しい心をもってもらいたい、 そんな思いが込められている運動です。   子供たちには大切に育ててもらいたいと思います ありがとうございました    
ブログ
09/02
パブリック
  今日は地震を想定した防災訓練を行いました。 おさない・はしらない・しゃべらない・もどらないの「おはしも」を守って、 2分かからずに運動場へ避難することができました。    地震の場合は、本校は土砂崩れの危険があるため、道路側、校舎が崩れてきても安全な場所に集合です。 校長先生からは、「防災と減災」についてお話を聞きました。 被害を防ぐため、減らすため、これから大きくなったとき、自分たちには何ができるか考えられるようになってほしいと思います。 今日は訓練でしたが、本当に地震が来たときには、先生や大人の指示をしっかり聞かなければ大変なことになりかねません。 自分の命をしっかり守るための訓練、これからも真剣に取り組んでほしいと思います。    
ブログ
08/29
パブリック
  夏休みが終わり、いよいよ2学期のスタートです 体調不良等で残念ながら全員そろうことができませんでしたが、久しぶりに元気な子供たちの姿が見られました。 始業式では、一人ひとり2学期に頑張りたいことを発表しました。   10月の運動会を頑張りたい!という子が多かったです。 2学期は、運動会、稲子カレンダー作り、フェスタ稲子(学習発表会)など大きな行事があります。 一人で頑張るのではなく、みんなで協力して頑張ってほしいと思います   夏休みの自由研究作品を、職員室前の廊下の机に並べて飾っています。 来校した際には、子供たちの力作をぜひ見ていただきたいと思います     子供たちが元気に楽しく過ごせるよう、学校、家庭、地域全体で見守り支えていければよいと思っています。 2学期もよろしくお願いします