お知らせ

 R4年度 年間行事予定

令和4年度年間行事予定(0513).pdf

 

 

インフルエンザ・新型コロナ以外の感染症は

こちらの「出席停止解除にかかわる証明書」を

ダウンロードしてご利用下さい。

出席停止解除にかかわる証明書(第15号様式の2).pdf

 

 インフルエンザの疑い(罹患証明書がない場合)・

新型コロナ陽性者・濃厚接触者の場合は

こちらの「出席停止解除にかかわる証明書」の

下記PDFファイルを御覧下さい。

「出席停止解除にかかわる証明書(第15号様式の3)新」.pdf

 

 

 

 本校は、明治8年創立という歴史と伝統のある学校です。開校以来の校訓には、智真(知恵を磨け、真の理を知れ)・仁善(物を愛せよ、善を為せ)・勇美(元気に事をせよ)があり、稲子に生きる人々の心に脈々と流れています。
 全校児童13名の学校ですが、運動会、フェスタ稲子等に見られるように、家庭、地域と一体となって学ぶ楽しさを実感できる魅力ある学校づくりに励んでいます。

新着
5・6年生の総合学習では、キャリア教育に取り組んでいます。 この度、(株)ミサワホーム静岡様の御協力により、第62次日本南極地域観測隊隊員として、1年2ヶ月もの間、南極で生活をされた 久岡様(大工)にお越しいただきました。 久岡様からは、南極での生活や仕事内容について、分かりやすい資料をもとにお話いただきました。 映像資料の多くは、久岡様御本人や、同隊の隊員さんが撮影したものなど、テレビ等の資料では見ることのできないような 貴重な映像も多くありました。 また、実験や体験では、「寒さを伝えにくくする建築材」についてや、「暴風にも耐える建物を簡単に設営する南極金具」について教えていただきました。 南極越冬隊を目指す子供が、稲子小からも出てくれるでしょうか。 5・6年生は、「夢をもちあきらめずに進むこと」「仲間と協力し 認め合い 共に歩むこと」について、意識を高めることができたようです。 御協力いただきました、(株)ミサワホーム静岡様、講師の久岡様、ありがとうございました。  
5・6年生のキャリア教育では、外部人材の積極的な活用を図っています。 今回、来校していただいたのは、「静岡県富士土木事務所」の皆様です。 土木事務所のお仕事についてお話を伺ったり、地域にある砕石業者様も、私たちの生活に欠かすことの出来ない仕事に 携わっていることを教えていただいたり、とても充実した内容でした。 また、稲子地区の河川や道路の改良工事にも、関わっていることを知り、「土木」の仕事にも興味をもちました。 ありがとうございました。
歯と口の健康教室がありました。 プラークテストで、汚れが残りやすいところを確認しました。 歯の間や歯と歯茎の境目、奥歯のかみ合わせに磨き残しが多いと分かり、 正しい磨き方できれいにしました 給食の後にも歯磨きタイムがあるので、 今日教わったことを意識してむし歯ゼロを目指しましょう!    
富士保健所様、動物ボランティア様の御協力で、「動物愛護教室」を実施しました。 子供たちは、保健所の働きや保護される動物について学びました。 また、実際にボランティア様の犬との交流を通して、接し方なども学ぶことができました。 皆様、ありがとうございました。
市内の学校では、「わくわくランチタイム」として、給食の時間に、食育の活動を行うことがあります。 今回は、「きりぼしだいこんの わふうサラダを よくかんで たべよう」でした。 献立に関するお話を聞くことで、楽しく、そしておいしく、残さずに食べてほしいです。  
高学年の「富士山学習」では、キャリア教育をテーマに学びを進めています。 1学期から、多くの外部講師の方に来校をお願いしていましたが、 今回は、ロボット作りで有名な「IAI(アイ・エー・アイ)」様に来校いただきました。 仕事の話、子供たちへのメッセージ・・・大変充実した活動になりました。 御協力ありがとうございました。
34日間の夏休みを終え、13人元気に登校しました! みんなと元気に会うことができて嬉しいです☺ 始業式では、めあてを発表し、みんなの「2学期がんばるぞ!」という意欲を感じました。 教室では、夏休みの課題を発表し、お互いの頑張りを認め合いました。 みんなの表情からも、一生懸命取り組んだことが伝わりました。   2学期は1番長い81日間です。 自分のめあてが達成できる充実した2学期にしていきましょう      
今年度の水泳もいよいよ最後になりました。 今年の自分の成長を確認する、水泳記録会を行い、 目標に向かって一生懸命泳ぎました。 目標が達成できた子、できなかった子、 どちらも、来年に向けて次の目標を立てる姿が見られました。 その後、赤十字社により、着衣泳を行いました。 服を着て水に入ると、想像以上に重くて驚いていました。 自分の命を守る方法、誰かの命を助ける方法を学ぶことができました。