本校では田畑と山林が広がる西小学校区を「西の里」と呼んでいます。「西の里」では様々な動物や植物の生命の誕生に出会い、成長を観察することで生命の大切さを自然に学べます。そうした学びを支える保護者や地域住民の学校に寄せる期待は非常に大きく、大変協力的です。
 本校は、積極的に地域社会とかかわる中で、一人一人の子どもに「確かな学力」を培うとともに、大きな夢・こころざしを育くみ、学校教育目標「こころざしをもち 自ら学び 行動する子」が育つことを目指しています。

新着
 5年生は、2月17日に静岡方面へ社会科見学に行ってきました。  午前は、新興津コンテナターミナルビルへ行きました。輸出、輸入に関する話を聞き、港の役割や産業の特徴を学んできました。午後は、静岡新聞社を見学しました。テレビ、ラジオ、新聞ができるまでの工程などについて見たり聞いたりしました。普段は、完成されたメディアの姿を見るだけですが、そこに携わる多くの工夫や努力があることに気付くことができました。  
ブログ
01/16
パブリック
6年生を対象に租税教室を行いました。 岳南法人会の方が税の必要性について分かりやすく教えてくださいました。 消防士役の方が、救急車や消防車を使用するのに、多くの税金が使われていることを教えてくれました。 また、税金博士が、消費税などの税金は何に使われているのかをクイズにして紹介してくれたりしました。 子供たちは、「税金って何で払うのか知らなかったけど、みんなで助け合うためには必要なお金だと知ってびっくりしました。」などの感想を口にしていました。 税金に対する新たな考え方をもついい機会になりました。
ブログ
01/10
パブリック
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 さて、1月9日に新年恒例の書き初め大会を行いました。 1・2年生はフエルトペンで、3~6年生は毛筆で、新年の目標を書きました。 講師の先生が4名来てくださり、丁寧にご指導してくださいました。 令和初の新年のスタート。目標達成に向けて、チャレンジし続けてほしいです。
 12月16日に、5年生が、壮寿会と安寿会の皆様のご協力で、正月飾りの輪飾り作りを行いました。子供たちは、1つ、2つと輪飾りが完成するにつれて手つきが上手になり、藁を編むことを楽しんでいました。地域の方々の「技」や「温かさ」に触れる貴重な時間となりました。稲は、お米が食べられることはもちろんですが、藁も肥料だけでなく年を迎える準備にも使えることが分かり、全てを有効に活用することができると実感することができました。