本校では田畑と山林が広がる西小学校区を「西の里」と呼んでいます。「西の里」では様々な動物や植物の生命の誕生に出会い、成長を観察することで生命の大切さを自然に学べます。そうした学びを支える保護者や地域住民の学校に寄せる期待は非常に大きく、大変協力的です。
 本校は、積極的に地域社会とかかわる中で、一人一人の子どもに「確かな学力」を培うとともに、大きな夢・こころざしを育くみ、学校教育目標「こころざしをもち 自ら学び 行動する子」が育つことを目指しています。

新着
 10月29日(火)に5年生が、コアレックス信栄株式会社へ社会科見学へ行ってきました。5年生は、社会科の授業で、「工業生産を支える人々」を学習しています。製紙工場の仕事内容や環境への配慮等について話を聞いたり、工場内を見たりしてきました。  コアレックス信栄工場では、どうして芯なしのトイレットペーパーを作っているのか、再生が難しい古紙を再生させる技術についてなど、様々なことを教えてもらいました。  限りある資源を大切にしたいという思いをもったり、工場が、地域と共にあるということに気付いたりすることができました。    
令和最初の運動会が10月5日(土)に行われました。 「自信を持って 進んでチャレンジ 力を出し切る 最高の運動会」のスローガンの下、赤白両軍の児童が力の限り競い合いました。 保護者や地域の方に、これまでの練習の成果を発揮しようと一生懸命頑張りました。 追いつき追い越せの徒競走、技に磨きをかけた表現運動、紅白対抗の団体種目、どれも見応え十分の競技内容でした。 結果は赤軍が大差で勝利しましたが、最後まであきらめずに戦い抜いた白軍にも大きな拍手を贈りたいです。 暑い中、熱の入ったご声援をありがとうございました。  
ブログ
09/10
パブリック
5年生が9月6日に、安居山1区の安寿会の皆様にご協力いただき、鎌での稲刈り体験を行いました。子供たちは、稲刈りの手伝いをしたことがある子も多くいましたが、鎌で刈ることは初めてだという子がほとんどでした。 安寿会の方々に教えていただきながら、鎌で刈ったり、刈った稲を束ねたりしました。田んぼが予想以上にぬかるんでいたのですが、みんなで協力して作業をすることができました。田んぼの真ん中は、安寿会の方に機械で刈ってもらいました。 2週間後に行う脱穀まで、天日干しをします。米作りの作業の一端を体験させてもらい、お米の大切さや、お米を作ってくれる人への感謝の思いをもつことができました。