学校の様子

情報モラル講演会

12月11日(火)5時間目に、富士宮市教育委員会社会教育課より赤池様を講師にお招きして、体育館にて情報モラル講演会を開催しました。

「道具を安全に使うには、ルールが必要であり、同様に携帯電話も安全に使うためのルールが必要であること。」「携帯電話を間違って利用した生徒が陥ったトラブル事例」等についてお話ししていただき、生徒一人ひとりが、携帯電話を安全に使うためのルールを考えました。

生徒の考えたルールの一例を紹介します。

①使ってよい時間 「21時まで」、「2時間ぐらい」、「勉強が終わってから」、「食事以外の時間」 等

②使ってよい場所 「リビング」、「家の中」、「Wi-Fi環境のあるところ」、「親がいる場所」 等

③メールやSNSの使い方 「写真は送らない」、「個人情報は送らない」、「知らない人と連絡を取らない」、「人は傷つけない」

④ルールが守られなかったとき

「親が預かる」「社会人になるまで使用禁止」「通信料を支払う」

保護者のコメントを掲載します。

「自分で決めたルールは守ってほしい。」「食事をする時に使わないのは当たり前。」「便利だけど正しく使ってほしい。」「持たせていないが、スマホに対する考えがわかってよかった。」

 

子どもに包丁を使わせるとき、安全な使い方はしっかり教え、危険がないか様子を見ます。携帯電話も同じです。

子どもがトラブルに巻き込まれず、トラブルを起こさないためにも、携帯電話を安全に利用できる会話を親子でしっかりしましょう。